事業資金の調達について

事業資金の調達は会社経営にとって重要な課題であり、資金面のやりくりは非常に苦労します。

しっかりと資金計画をたて、必要な資金の額を明確にし、次はどんな方法で調達するのかを検討する必要があります。土地マンションなどの不動産を持っているなら有担保ローンや、自営業や個人事業主でも年収の3分の1以上の借入が可能な民間の事業者ローンなどもあります。

オフバランス取引が原則であるデリバティブ

デリバティブにおいては、原則として元本部分の金額のやり取りを行わないオフバランス取引です。そのため、元本に相当する資金を必要せず、投資金に対する利益割合が、従来のオンバランス取引に比べると大きく増加します。

このように、デリバティブ取引は自己資本比率に関する規制が比較的緩やかであり、規制の厳しい日本ですら、手持ち資金の25倍に相当するやり取りが可能です。

原油の先物の利点について

原油の先物指数は、原油を取引するトレーダーにとっては無くてはならないものです。

原油価格は投資家の需給動向などに応じて日々価格が変動します。価格があがる時もあれば当然下がる時もあります。価格上昇局面においては買いポジションを構築していれば問題はありませんが、こうしたポジションは下げ局面においては損失が発生します。そうした損失を回避するための手段として開発されたのが原油の先物指数なのです。